漫画

【鬼滅の刃】バッドエンドか、第二部スタートか【第201話】

出典:週間少年ジャンプ公式サイトより

 

こんばんは。えねむです。

タイトルの通り今週の鬼滅の刃201話について思った事を書いていこうと思います。

もちろんネタバレありですので単行本勢、アニメ勢は注意です( ̄^ ̄)ゞ

 

 

さて、先週の第200話で見事に無惨を倒すことが出来ましたが、懸命に闘った柱、そして主人公である炭治郎までもが死亡してしまいました。

無惨の死亡シーンでは回想のような、無惨のバックボーンを描く描写がなく、おそらくまだ生きていると予想していました。

 

最新話では冒頭から無惨の回想が描かれ、炭治郎に自分の血と力を全て注ぎ込んでいましたね。予想は半分程度当たっていたようです( ̄▽ ̄)

それにしてもしぶとい…笑

 

 

 

第二部の可能性

やっぱり炭治郎鬼化しちゃいましたね… しかも速攻で日光克服しちゃってるし。

一応伊之助が闘っていますが、抑えられる様子ではありません。

であればそろそろ到着するであろう禰豆子が何らかのアクションを起こし、第一話のような展開(今度は禰豆子が炭治郎をかばう)になるのでしょうか。

 

そういえば青い彼岸花の伏線も回収されていません。

第一部は妹を人間に戻す物語、第二部があるとすればその逆で今度は炭治郎を人間に戻す物語かもしれませんね。

そうなると無惨を倒すために多くの鬼殺隊員や柱達が死んだ意味が…となりますが。

 

 

 

バッドエンドの可能性

これは炭治郎がこのまま殺されるラストですね。

個人的にはこっちの方が可能性高いのかなーって思ってます。

「日本一慈しい鬼退治」が「”日本一優しい鬼”退治」説はよくある考察ですが今週の最新話でこの説が濃厚になってきました。

まーた義勇さんが救われなさそうな展開(¬_¬)

 

 

 

という事で今週の鬼滅も激ヤバな展開でした。

ってかワンピースもヤバくね?正直鬼滅より興奮したんだけど。

 

ではまた。

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です