映画

レビュー大荒れの映画「モンスターハンター」は本当に駄作なのか?

出典:『映画 モンスターハンター』公式Twitterより

 

こんばんは。えねむです。

映画「モンスターハンター」観てきましたので感想を並べていこうと思います。

私自身モンハンの大ファンで小学生の頃、モンスターハンターポータブルからプレイしています。なので今回もとても楽しみにしていました( ̄▽ ̄)


日本での公開はシリーズ最新作「モンスターハンターRise」の発売に合わせて3月26日に公開されました。

当日観に行きたかったのですがやはり最新作をプレイしたい欲が勝ってしまい、映画は後回しに…

初日からRiseと一緒にトレンドにも上がる程話題にはなっていたものの目に入るのは悪い評価ばかり。

「観なくていい」

「モンハンでなくていい」

「原作へのリスペクトが足りない」

などなど。

モンハンは海外では既に公開されており、海外でもレビューが荒れていたことは承知していました。

しかしハリウッド、モンスターのクオリティは相当なものになっているでしょう。なのにこのレビューの有様は相当脚本が不評と思われます。

そして本日やっとこさ観てきた感想ですが、、、

 

思ったより悪くないぞ?

 

あれだけボロクソ書かれたレビューを見ていたからか、無意識にハードルは超低めで観賞していたようです。

まぁモンハンでなくてもいいという意見は一理ありました。異世界パニック映画、モンスターが恐竜でもエイリアンでも成り立つでしょう。序盤はジュラシックパークとかに近いかな。

ただ僕は嬉しかったんですねぇ。映画館の大きなスクリーンで超クオリティのモンスターを拝めたんですから。そして大迫力の咆哮ね。

いいじゃないですか現代兵器vsリオレウスなんて熱くなりましたよ。

クライマックス、現代にリオレウスがワープしてきて蹂躙していくシーンは本当にお気に入りです。
モンハンらしくギルドがあってクエスト受けて〜みたいな原作通りのストーリー展開を望む意見も多くありましたが、せっかくの映画だしゲームと差別化していいと思いましたね。

まぁ序盤のパニック展開がちょっと長いなぁとか、出会った弓使いのハンターと喧嘩したり仲良くなるまでのくだりが長いなぁなどは感じました。

序盤で全滅しちゃったアルファチームも何人か生き残って、現代兵器も合わせつつ現地のハンター戦闘術でモンスターを討伐する展開が面白そうとか考えてました。

 

そしてあの続編作る気マンマンの締め方。どうなるんでしょう。

モンスターの選出が渋いのも面白かったです。ネルスキュラ不気味だった…

 


実際にモンスターが現実に居るとあんな感じでしょう。

昔ゲームにもあった生態ムービーを超リアルにした感じ。好きだった方多いでしょう?

 

続編があれば勿論観に行きますよ。ファンなんでね。

 

みなさんの感想もよかったらお聞かせください。

 

ではまた。

 

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です