ニュース

【瀬戸内国際芸術祭2022】与島会場の展示はこんな感じ

 

どうも、えねむです。

春限定の沙弥島会場にあった展示「地球での最後の夜」の続きが与島で展示されているとのことで行ってきました!

 

では与島で撮った写真を載せていきます〜
島も歩いて散策しましたので島内の景色も。


まずは与島PAに降り立ちました!人がいっぱい。
写真は展望台から撮った写真です。やっぱでっけぇなあ瀬戸大橋。

与島の展示物は島の反対側にあります。なのでPAに車を止めて歩いて行きましょう。
PA内に案内所で島の地図と瀬戸芸会場への行き方が記された紙を貰えますよ。

展望台を通り過ぎて端の方へ歩いていくと… ありました。入り口です。

これ案内所で地図貰わないと初見じゃわかりませんよね?


いざ、島の内部へ。いやぁ雰囲気あるなぁ。

草木のトンネルの間から見える瀬戸大橋です。丁度真下を通りましたがすごい景色だ。

家がちらほら見えてきました。それにしても道が細い。

ようやく集落内へ入りました。ちゃんと瀬戸芸の案内板も立ってます。


島特有の高低差のある密集した集落に路地裏、いいですねぇ。


こんなに長閑な島なのに見上げれば巨大な橋。異物感がすごいです。

港へ出ました。写真左に写っている小さな島のてっぺんにも展示があります。写真は後ほど。

これです!これが見たかったんです。
沙弥島から続く展示の最後、「月への旅の途中 最終駅」

この「浦城」というバス停は終点としてちゃんと機能しています。
この時期は瀬戸芸の観光客を乗せたバスも出ているので結構な頻度でバスが来てました。

「TICKETS TO THE MOON」


バス停の中は…結構散らかってますね。
でも割と綺麗だし待合室としては使われてそう。

 

こちら先ほどの写真の端に写っていた離れ小島のてっぺんにある展示会場です。

与島の展示は以上になります。
が、とても綺麗な島なので一周歩いて散策しました。せっかく地図ももらったしね。

写真を載せていきます。

ジブリ感。そして階段の落ち葉がすごい。

こんなところに二宮金次郎さん。
集落の狭い路地を登ること10分。てっぺんには廃校、当時使われていた給食所がありました。


ネコチャン。


この「オアシスパーク瀬戸大橋」という廃墟、門も割と綺麗に残されているのに中は更地で太陽光パネルが敷き詰められてました。この廃墟の正体がどうしても気になったのでちょっと調べてみました。

1988年4月10日、瀬戸大橋が開通し島は観光客で賑わい瀬戸大橋ブームが到来します。
当時はバブル真っ只中、予想を超える観光客の数に島おこし計画もどんどん進んでいきました。

しかしフェリーやバブル崩壊の影響で観光客は激減。観光施設は潰れていきます。
「オアシスパーク瀬戸大橋」は足湯施設だったそうです。大きな駐車場も側にあり、島を盛り上げようとしていた事がわかります。

2007年にオープンしたものの、来客数はかなり少なく年を追うごとに営業は縮小。2011年には完全に閉業してしまったそうです。

 

以上、島内散策の写真でした。
入り組んだダンジョンのような路地を歩いているのが楽しすぎました。

与島を一周歩いて見てまわりました。整備されて綺麗”だった”痕跡が多々あり、違和感を感じていましたが、高度経済成長期の島おこしのなごりだったんですね。
港も観光船が泊まれるように大きく綺麗な造りでした。
当時の盛り上がりを実際に見てみたかったなぁ。

 

また機会があれば与島に行ってみようと思います。
海も綺麗で島も歩いていて色々感じれるので楽しいと思います。

ではまた。